「そうや、くずふぁいこう」

風邪の時、そう言っていただけるような、皆さまの健康の拠り所となれるよう努力いたします✨

ささいな不調での受診も全く問題ございません。お子様が風邪をひいて心配、という時などお気軽にご受診ください☘️

<当院の5つの特徴>

①全世代診療

 当院では、新生児からご高齢の方まで年代を問わず診療いたします!

 たとえば、お子様が風邪を引いた際にご家族も体調を崩されるケースは多いですが、ご自身も体調が悪い中で子供連れで複数の病院にかかる必要なく、ワンストップで診療させて頂きます。また、重症と判断した方については、ご年齢を問わず、迅速に高次医療機関にご紹介させて頂きます。

 地域の皆さまのかかりつけとして、現在だけでなく、お子様が大人になられてからもずっとご健康を見守っていけるような医院になりたいと思っております。

②アドボカシー

 病院受診は、見知らぬ場所で他人に触られ、場合によっては点滴や予防接種など痛いことをされる、子どもたちにとって大きなストレスを伴うものです。また、必要なこととは言え、そのストレスにご家族が心を痛めておられるのも事実です。

 アドボカシーは、小児診療において「子どもの代弁」という意味で使われる言葉です。当院では、不安や痛みを言葉でうまく表現できないお子様のアドボカシーを重視し、お子様やご家族の受診体験が少しでも良いものになるよう努力いたします。

 例) 予防接種時のディストラクション(注意を他に向けること)、点滴確保が難しい方への超音波ガイド下穿刺

③感染対策

 クリニックには感染症の患者様が多く集まるため、受診時に他の方の感染症が伝播する可能性があります。

 当院は、時間帯での予約によりご来院時間を分散し、さらに診察室を複数設けることで院内感染リスクの低減に努めております。また、特徴的な発疹が出ている方は、スタッフが拝見し、必要があれば感染待合室で待機して頂きます。

 定期的に感染対策スタッフ研修を行い、知識をアップデートすることで、感染対策体制を見直す機会を設けます。

④ホームケ

 お子様が病気のとき、「自分の身体のことではないからこそ不安が大きくなる」のは親心だと思います。

 熱の出始めで症状がまだ揃っていない時など、ご受診頂いた時に診断がつかない場面は多くありますが、その場合、家での過ごし方や今後予想される経過などがわからないと不安でたまらなくなると思います。

 当院では、医師の診察時のご説明に加え、看護師からホームケア(家でのケア方法)指導を行わせて頂き、ご家族のご不安を少しでも和らげ、お子様が適切なフォロー機会を得られるよう努めます。

 慌ただしい診察室では聞きにくいちょっとした疑問など、優しい看護師さんに聞いてくださいね♬

  ※院内が混んでいる時間帯には、指導時間が短くなることをご了承頂ければと存じます🙇‍♂️

⑤セミセルフレジ

 コンビニやスーパーのお買い物時に使うレジと同じく、非接触で手軽に会計を済ませられるようにしております。今後はキャッシュレス決済を導入し、より便利になる予定です。

 機械の使い方がわからない場合にはスタッフがご説明させて頂きますのでご安心ください。

 ほかにも、皆様の貴重な時間を無駄にすることがないよう、web問診や電子カルテなどIT化することで院内での待ち時間を短くすることに努力しております。